オスマン帝国の時代においてもエルサレムには

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2019-03-07 00:00
オスマン帝国の時代においてもエルサレムにはユダヤ人が多く住んでいたのですか?また、エルサレムがオスマン帝国のものでなくなった時のエルサレムはどうなっていましたか?共感した0###エルサレムは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地であるため、歴史的に激しく奪い合われて、弱小民族であるユダヤは、閉め出されることが多くありましたローマ帝国は、1世紀にユダヤ属領を攻め潰し、ユダヤ人がエルサレムに戻ったら処刑するとしてました。この後、エルサレムはキリスト教の聖地化してます4世紀になって、ユダヤ人の居住を許可7世にイスラム化され、ウマイヤ朝時代に岩のドームが造られユダヤ教の神殿跡はイスラム一色です11世末に十字軍が遠征し、ユダヤ人住民を数多く殺害してます1099年エルサレム王国が建国され、ユダヤ教徒は居住禁止となってます12世紀にイスラム帝国が奪還してますが、やがてオスマントルコが支配オスマン帝国は経典の民としてユダヤ人を保護した為、イスタンブールなど商業都市に多く住んだとされますオスマントルコは、第一次世界大戦に敗れて、イギリス領となり、イギリスが3枚舌で、オスマン帝国、パレスチナ住民、ユダヤ人に、協力と引き換えにエルサレムを引き渡すと約束して問題化したことはよく知られてますこれが第二次大戦後も問題となって、第一次~第四次中東戦争に繋がってますナイス0
###1906年オスマントルコ帝国支配下にあるパレスチナにユダヤ人は6万人しか住んでなかったという。デイアスポラ以後も離散をまぬがれたユダヤ人が細々と住んでいたが極貧なんでラインラントのユダヤ人の仕送りにすがってたという。トルコの支配が弱まると親西欧のエジプト太守の影響が強まった19世紀後半にヨーロッパ特にロシアからのユダヤ人移住者がふえつつあった。ポーランドロシアからのユダヤ移民は社会主義的考えが多かった。なぜイスラエル建国が推進されたかというと左翼陣営の大御所ソ連が指示したからだという。彼は1944年ソ連内の顔とは別にスターリンは側近からイスラエルは社会主義国になると聞いてて、スターリンはイスラエルを中東地域の駒にしようと考えた。イスラエル建国はスターリンに支えられたという。戦後や戦前スターリンは猛烈にユダヤ人を殺しまくるが戦争中だけは別の顔をしていた。死海南のソドムの土地にキブツをつくり世界一おいしいトマトを作ってるデビッド・コレンという人が書いてますが。その家系はオランダに住むポルトガルユダヤ人の家系で19世紀祖父がオランダからイスラエルににやってきた。当時のユダヤ人は死ぬ前にひと目エルサレムを見て死のう。と死ぬためにエルサレムまでやってくる人が圧倒的に多かった。しかしコレンの祖父は開拓するためにパレスチナに来た。↓デビッド・コレン

 

TAG