宇宙ができた時の爆発(ビックバン)はどれほどの

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2019-03-07 00:00
宇宙ができた時の爆発(ビックバン)はどれほどの威力だったのでしょうか?共感した0###インフレーション宇宙理論は、無から生まれたばかりの真空の揺らぎ、、宇宙の直径は10のマイナス34乗センチメートル。0.0000000000000000000000000000000001センチ程らしいです。水素原子核が約10のマイナス17乗センチメートル。0.000000000000000175センチなのでスーパー小さかったのです。その赤ちゃん宇宙が突如10マイナス36乗秒からマイナス34秒の間、、、0.00000000000000000000000000000000001秒↓0.0000000000000000000000000000000001秒の時間の間に1センチメートルになった訳です。まとめると、、0だったところから0.0000000000000000000000000000000001センチの宇宙が誕生し、、0.00000000000000000000000000000000001秒から0.0000000000000000000000000000000001秒の極狭時間の間に宇宙は1.0センチになり、相転移のエネルギーで大爆発を起こした。。ですね。その比率を例えるとこの僅かな時間で、ビー玉が天の川銀河10万光年のサイズになったと同等なんですって。光は1秒間に299,792,45800センチメートル進むのですが、物理法則の確定前の宇宙だったため、光速を遥かに超えるスピードで広がることができました。チート宇宙です。なんでもあり。がなんとなく物理法則が決まってきてその反発力が真空の相転移で熱量となり大爆発?ビックバンが起きたとの説です。そこでは反物質(反水素)も生まれてて物質(正水素)と対消滅によって反応した物質は無の真空に戻り、僅かに多かった正物質が残ったのでしょう。な、なので、ビックバンの威力を例えると『ビィィィィィィィィック.....ヴァーアアアァアンッ!』です。###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###我々が考えもつかない。途方もないエネルギー源。私の感覚では…もの凄く乾いた空間(場)が一気に出現。と言っ様なイメージがありますね。ナイス0
###高温でどうしようもないくらいの温度ですねナイス0

 

TAG