カルロス・ゴーン逮捕の問題で、ニュースを聞

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-14 00:00
カルロス・ゴーン逮捕の問題で、ニュースを聞いていると、ある人いわくゴーン以前の日産幹部は無能であったと批判していました。簡単に言うと、ゴーンであっても誰でも基本的にはよかった。それよりも、自分たちの手を汚さずしていた態度が一番悪いという論です。つまり経営不振であった日産において、リストラ断行をせずゴーンが来るまで何もしなかった。しかも彼が外国人だから、来たらすぐ態度を変えゴーンのリストラ断行に従ったという優柔不断な態度を批判しているのだと思います。これリストラや刷新の立場、欧米的視点に立てば理にかなっています。正当性もあるしその通りだと思います。でも実際には日本人のメンタリティでそこまで出来る人はいないのも現実ですよね。かと言ってなあなあの無責任体制でもいけない。いったい今の時代、どちらがいいのでしょうか?共感した0###どちらがいいと言うより方法がないでしょう。仮に日本人同士でやるとしても仲間意識が先行しますからリストラは断行出来ないと思います。本当にやるならば外様から専門家を入れて斬ってもらう方が良いのかもしれません。後腐れもないでしょうからね。そういった事を考慮するとNISSANとしては今までは軌道に乗ってはいたけれど今回の事で全て台無しになりましたからね。まあ、ケチは身を滅ぼしたと言う事でしょうか。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###>自分たちの手を汚さずしていた態度が一番悪い「脱税」、「横領」、「背任」、「有価証券報告書虚偽記載」のことではなく、「リストラ」のことを言っているのね。>ある人いわくゴーン以前の日産幹部は無能であったと批判していました。確かに、それはあるかもしれませんね。決断できない社長ほど、無能な社長はいませんからね。それは、そのとおりだし、それにより従業員に舐められる人も多いです。結果、役立たずの従業員を量産し経営が悪化する。よくある話です。あまり大きな声で言えることではないですが、経営資源の一つである「ヒト」も整理整頓が必要な対象であるのは事実です。わざと整理整頓しなかった前経営陣の気持ちを、本当は理解して従業員たちも頑張るべきだったんですけどね。。。ナイス0
ico_check不適切な投稿でないことを報告###日産は普通にやっていれば経営危機なんかなかったんです.売る商品の車のデザインが悪かった.箱型ばかりで.商品に魅力がなかった.上の人が自分の地位守るため.デザインを無視したんです.よくある大企業の派閥です。ナイス0
###「ある人」のいう通り。日本人はしがらみとか今までの関係やお付き合い・・・に極めて弱く、バッサリやろうものなら冷ややかな視線を浴び、政治家であれば選挙に落ちてしまう、それらの耐えられないメンタリティーなのだろう。ゴーン以前やゴーン後の日産経営陣は優柔不断で誰も火中に手を突っ込もうとしなかった。責任もとりたくなかった。ワルで目立ったり、恨みをかいたくなかったのだ。つまり自分たち闘わず傭兵を雇って難局を乗り切ろうとしたのだろう。しかし、このよう傭兵隊長ののさばりを押さえつけることができず、に好き勝手を放置しただけで切羽詰まってようやく動いたと言うことか。日本の年金問題、医療改革、岩盤規制・・諸問題が後手に回るのも島国日本人のメンタリティーのなせる技だろう。グローバル環境下、様々な文化の諸外国と交渉やら駆け引きやらは避けられない!日本人同士にしか通じないメンタリティーでは戦えないだろう。日産・ゴーン・ルノーの騒ぎは教訓にすべきだと思います。ナイス0
ico_check不適切な投稿でないことを報告###同氏は,極めて短い期間で成果を出しましたが,しがらみのない外国人がやって来て,赤字部門をずばずばと切り捨てていったのですがら,V字回復を果たすのは当たり前です。 NHKのインタビューで,いかなる才覚がある人でも長期間役職に居座ること自体が弊害を生む,といみじくもご自身が述べておられました。 また被疑者段階で無罪推定ですが,仮に報道のとおり公私の峻別ができなくなっていたとすれば,自分で墓穴を掘ったわけです。ナイス0
###なるようにしかならないってことでしょう。どっちがいいとかも、一概には答えはない。ただ、日本人(アジア人か)は、白人様に弱いってことです。白人様が来たら、日本人同士わあわあ、やってたことも「はいはい、そう致します!」ってすぐ、言うことを聞くいい例でしょう。日本がアメリカに負けたあと、忠実におっしゃる通りにいたしましたし、アジアは、日本が領土を拡大した侵略したとさんざん文句を言う癖に、同じことをイギリスにもフランスにもされてるくせに、ちっとも、文句を言わん。馬鹿げとる。ナイス0

 

TAG