火砕流発生のメカニズム教えてください。

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-16 00:00
火砕流発生のメカニズム教えてください。共感した1###火砕流というとまず思い出すのが1991-95年に起こった雲仙普賢岳噴火。山頂に現れた高温の溶岩ドームが崩れることでたびたび火砕流が起こりました。火山灰を含んだ濃灰色の雲が斜面をものすごいスピードで流れてくる光景は皆さんの目にも焼きついていることと思います。火砕流の発生メカニズムは他にもいくつか考えられています。激しい噴火の場合には、溶岩ドームではなく高温のガスとバラバラに砕かれたマグマが渾然一体となって火口から噴き出すことがあります。このようなマグマとガスの混合物の密度が大気よりも大きい場合には、混合物は大気の中で安定して立ち上がる噴煙になりきれず、地表に落下し、低い方へと流れ出します。この間にバラバラになったマグマは程よく冷えて、軽石や火山灰などの火砕物とガスの混合物からなる火砕流が発生します。支笏の火砕流はそのようなタイプの火砕流であると考えられます。

 

TAG