年の数え方についての質問です。よく使うBCや

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-18 00:00
年の数え方についての質問です。よく使うBCやADがキリスト教的な数え方なのは知っていましたが、恥ずかしながら最近までBCEやCEを知りませんでした。ですが、調べてみたところ、BCE/CEもBC/ADも結局は表す年は同じだと分かりました。表記が無宗教的なのは理解出来ますが、結果あまり変わらないように思います。そこで質問なのですが、①政教分離なはずの日本の授業で、なぜBCやADを使うのでしょうか?(現在高校生なのですが、小中高全部この表記でした)②"中立的な年の数え方"だというのは理解出来るのですが、数え方がキリスト教的ならわざわざ他の数え方を用意する意味を教えて頂きたいです。共感した0###>①政教分離なはずの日本の授業で、なぜBCやADを使うのでしょうか?(現在高校生なのですが、小中高全部この表記でした)何の問題もありません。ただの「習慣」です。そんなこと言うなら、日曜日に学校や仕事お休みするのも政教分離に反していることになります。一週間が7日で最初の日休みなのは聖書由来の「習慣」です。>②"中立的な年の数え方"だというのは理解出来るのですが、数え方がキリスト教的ならわざわざ他の数え方を用意する意味を教えて頂きたいです。西暦というのはとても便利な年の数え方なので、他の数え方などいりません。「元禄十五年師走十四日」と言われても、今からどれくらい前なのか、歴史マニアでもない限りパッと出てきません。「1702年12月14日」と言われたら、「忠臣蔵は今から316年前だ」とすぐ分かります。ナイス0
###色んな方の意見を伺ったところ、結局は捉え方の違いだと分かりました。皆さんありがとうございました。###BCはビフォア・クライスト「キリストの前」。ADはアンネ・ドミネ「主の年」。①は、さあ、なんででしょうね。多分、GHQの影響??それとも、アメリカに合わせたんでしょうね。あと、政教分離って、政治に宗教の教理持ってくんなってことなので、西暦はそこは触れてないと思います。政教分離に年号持ってきたら、日本の年号もアウトだと思います。②日本の年号は、日本の文化です。グローバルを教えて、自国の文化も教えるってのはありだと思います。標準語を教えるけど、方言で日常会話をするようなもんです。ちなみに、東南アジアの仏教圏では、釈迦が死んだ年からカウントした、仏歴があります。数えかたは西暦+544年です。タイとか行くと、普通に仏歴が書かれているので、一瞬未来に行った気分になれます。でもタイでも、西暦も教えています。ナイス0
###『学校の授業が、西暦が使われている教科書をベースにされている』と言うのは、理屈っぽく言えば、『政府(文部科学省)はそうした教科書を検定して、学校での使用を認めている』って事ですが…~~日本国憲法第二十条信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。~~の『宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。』に、文部科学省の検定のやり方が引っかかるか、って事ですね…歴史の授業で、『概念上』は“キリストの生誕から何年目か”は、西暦を使っても、それが宗教活動に当たったり、あるいは特定の宗教を(例えば)“推奨”する様な行為に当たるか、って話ですね。例えば、安心は、儒教の安心立命の“安心”を、仏教が『覚りを開いて、こころの安らぎを得た状態』を指す言葉として取り入れたものです。利益は、元々は、仏や菩薩などの恵みを与える事を指す言葉です。お盆は、仏教行事の盂蘭盆の“盆”から来ています。もっとも、今のお盆は、仏教伝来以前から日本にあった祖先祭祀が“仏教行事”であるかの様に認識されたものでしょうが…では、政府が、例えば、安倍晋三首相が、安心とか利益とかお盆とか言った言葉を使ったら、それは憲法の政教分離に反する、と思いますか?まぁ、普通思いませんよね。それは、それぞれの言葉が宗教的な意味を失って使われているからですね。だから、安倍首相がそれを使っても、首相が仏教を布教している、とか、仏教を推奨している、とかは誰も考えないでしょう。西暦が日本で受容されたのは明治時代以降ですが、元々“キリスト生誕を基準とした”ものとはわかっていても、単なる年代表記の一つとして受容したものです。語源と、実際に使っている人達にとってのニュアンスは別の話です。教科書での西暦の使用が政教分離原則に反さないのは、安心や利益やお盆と本質的には同じです。>数え方がキリスト教的ならわざわざ他の数え方を用意する意味を教えて頂きたいです。具体的に、誰がどういう形で『他の数え方を用意』しているか、が良くわかりません。例えば、BCはBefore Christ、BCEはbefore the Common Era、の省略ですから、事実上“表記の違い”に過ぎません。そのどちらを使うかは、その人の習慣の問題です。日本史の本で、元号表記も併記されている事を仰っているなら、その著者は元号表記も読者に伝えたいからでしょう。地質年代(地質時代)、例えば更新世とかなら、古過ぎて、『キリスト生誕から何年前』と言うのはあまり意味が無いので、(今から)〇〇万年前と言った表記が普通でしょう。細かくても、万年単位で語るのに、たかだか二千年でBCとADを分ける意味って殆どありませんからね…。キリスト教徒にとってもそうです。ナイス0
###①政教分離というのは政治と宗教を分離することで、別に既存の宗教を否定するわけではないし、歴史上の慣例を否定するわけでもない。②BCE/CEを使うのは自然科学、特に天文学だと思う。歴史では紀元前、紀元後以外はあり得ない論調になるけど、自然科学では宗教上の理由で避けられる事が多い。天文学では日を数えるにはユリウス日、年を数えるのは西暦(「紀元前」は使わない)、紀元前、紀元後はBCE/CEに置き換えるのが寒冷になっている。ナイス0

 

TAG