先日、フリーダイビングの講習を受けました。

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2019-03-08 00:00
先日、フリーダイビングの講習を受けました。そのとき、講師の方がフィンも動かさず、水深5メートルのプールの底でじっと沈んだままでいたのですが、あれはどうやったら、できるようになるのでしょうか?真似してみたのですが、どうしても浮いてしまいます。講師の方はウェットスーツ、適量ウエイトを装着してます。共感した0###あなたの質問のなかに答えがありますよ。「講師の方はウェットスーツ、適量ウエイトを装着しています」というのが答えです。インストラクターは、水深5mのプールの底で中性浮力、もしくは、ややマイナス浮力になるようにウエイトを調整していたはずです。水深5mのプールを潜るのだから、これは当然のことです。5mより下に落ちる可能性はないわけだから、ややマイナス浮力でも問題ありません。あなたのウエイト量では、水深5mではプラス浮力になっていたということです。なので、ウエイトを増やせば水深5mでじっとしたまま留まることが可能です。他の方法で浮力を減らそうとするなら、息を適量吐き出すしかありません。例えば、水底でバブルリングを作ったりしていると、どんどん浮力は失われていきます。息をいっぱいまで吸わないで潜るということは初心者のうちはやめたほうがいいでしょう。他に、わずかにプラス浮力だという場合、プールの梯子やポールの下端に頭や身体の一部を当てておくだけで浮上するのを防ぐことも可能です。原則として、水温に応じたウェットスーツを選び、潜る深さに応じたウエイト(もちろん、ウェットスーツによっても変わります)を付けようにしましょう。。ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###私の場合なら。-5mでマイナス浮力になる程度の息で潜る、ですね。素潜りで中性浮力より浅い深度に滞底する場合、体を安定させるために吸いこむ息の量で調節したりします。ちなみに、ターゲットダイブ以外での私の装備は、フルに息を吸って中性浮力-15mぐらいかな?もちろんターゲットを行う場合はノーウエイトです。ただし、少ない息で潜るわけですから、BOまでの時間は短いことは、しっかりと意識すべきですし、相当慣れるまではこのような潜り方はおすすめしませんが。ナイス0
###質問者さんのウエイトが軽いからです。適量ウエイトとはウエットスーツの浮力をゼロにするウエイト量です。適量ウエイトの場合、水面では息を吸ったらプラス浮力に、息を吐いたらマイナス浮力になります。これが水中に潜ってしまうと、水圧によってウエットスーツの浮力は小さくなってきます。ウエイトのマイナス浮力が大きくなるので講師の方は、プールの底でじっとしずんだままでいたのです。という事は質問者さんはウエイトが軽過ぎですね。ナイス0
###呼吸を止めて潜る。プールの底で少しずつ息を吐いて中性浮力を調整する。息を吐ききっても浮くようならウェイトを増やしてまた挑戦。ナイス0
###そりゃあなたが目的にあった量のウェイトを付けてないから浮くんでしょ。ナイス0

 

TAG