イエスは天国に住んでいます。天国は空の上で

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-18 00:00
イエスは天国に住んでいます。天国は空の上ではなく宇宙のどこか又は宇宙の外にあるとします。イエスは享年33歳とします。死亡時の33歳の肉体のままでいると思いますか。それとも霊的な体だから肉体年齢というものは無いと考えますか。(キリスト教としての考えです)共感した0###それはキリスト教会が創作した幼児を洗脳する為の童話です。2000年前に書かれた聖書には(マタイ福音書11/12)襲われて奪われそうになってると書かれてますが、それがその後どうなったのかは、キリスト教徒は誰も知りません。キリスト教徒には「天国」は実在しないと考えた方が良いと思います。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###カトリック信徒のものです。 考え方としては、死後、全く新らたなものにされると思ってください。ですから、質問者様ご自身が書かれているように、肉体的な年齢はありません。 これは、我々でも同じで、子供のころに死んでも年を取ってから死んでも、そのままの肉体が復活することではなく、全く新らたにされた肉体が復活するので、肉体的な年齢というものが概念的にもないことになります。ナイス0
###それは違います。天国は空にあります。結論だけ覚えていて、過程は思い出せないのですが、一回、科学的に分析しました。なので、自分のノートにメモってあります。以上、参考になれば。ナイス0
###30歳頃の姿では…と言われていますが、真偽の程は解りません。幼く死んだ人も、長寿を全うした人も。御国では「30歳頃」では?とも言います…真偽の程は解りません。死んだ人pに関しては「地獄に落された金持ちが見上げると…アブラハムの懐に…一見「アブラハムと解る風貌であった…」「…水と同じ姿に…」イエス様の御国での姿が、自分達に反映される…どちらが正しいので章か?「神のみぞ知る…」なのかも知れません。ナイス0
###聖書には次のように書いてありいます。コヘレト 死後コヘレト9:5-6「生きている者は、少なくとも知っている、自分はやがて死ぬ、ということを。しかし、死者はもう何一つ知らない。 彼らはもう報いを受けることもなく、彼らの名は忘れられる。その愛も憎しみも、情熱も、既に消えうせ、太陽の下に起こることのどれ一つにも、もう何の関わりもない」。ナイス0

 

TAG