ご飯論法ってなんすか?

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-18 00:00
ご飯論法ってなんすか?流行ってるんですか?初めて聞きました。共感した0###現政権を批判するのに「国会答弁で追及されても、ご飯は食べましたかと聞かれて、ご飯は食べてない(パンは食べたけどね、てへぺろ)といったごまかしをして逃げている」といった意味で使われます。流行ってないと思います。一部の政権批判に熱心な人たちがよく使っていたようです。選考委員に政権批判に熱心な やくみつるさんが入っているので、選ばれたのはそのためでしょう。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###朝日新聞に数回載った言葉らしいです。流行っているとすれば、政権批判にやっきとなっている左翼界隈の一部でしょう。正直言って、僕もユーキャンの大賞の記事読むまでは見たり聞いたりしたことは一度もなかったです。おそらく、一般の国民もそうでしょう。選考委員が、左翼の真っただ中に居てよく耳にしていたから流行っていると勘違いして選んだのか、もしくは流行っているというより流行らせたいという願望で選んだのか、そのどちらかでしょうね。ナイス0
###Q「朝ごはんは食べなかったんですか?」A「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」Q「何も食べなかったんですね?」A「何も、と聞かれましても、どこまでを食事の範囲に入れるかは、必ずしも明確ではありませんので・・」Q「では、何か食べたんですか?」A「お尋ねの趣旨が必ずしもわかりませんが、一般論で申し上げますと、朝食を摂る、というのは健康のために大切であります」Q「いや、一般論を伺っているんじゃないんです。あなたが昨日、朝ごはんを食べたかどうかが、問題なんですよ」A「ですから・・」Q「じゃあ、聞き方を変えましょう。ご飯、白米ですね、それは食べましたか」A「そのように一つ一つのお尋ねにこたえていくことになりますと、私の食生活をすべて開示しなければならないことになりますので、それはさすがに、そこまでお答えすることは、大臣としての業務に支障をきたしますので」これは国会での実際のやりとりではない。「例え」です。国会で与党自民党と野党との審議でのやりとり。自民党議員が、こんなふうに野党の追及をかわし続けていると言う「例え」です。自民党議員の質問の「はぐらかし」によって、全く議論が深まらず、野党質問時間がどんどん無駄に使われていく、という状況を指す。論点をずらす。回答をはぐらかす。話を大きな視点にして曖昧にする。個別の事案は答弁拒否。これが自民党議員のやる野党からの答弁を潰して、時間だけ浪費。そしてこれを国会で「審議した時間」にカウントしてしまう策略。ナイス0

 

TAG