スキーの板は板だけを見たときどっちが右足左

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2019-03-08 00:00
スキーの板は板だけを見たときどっちが右足左足かわからないです。あしを入れるところの幅が親指側がひろいのか小指側かで右左をいれるかきまるみたいです。私のスキー板自体が独特なのかもしれません。がどちらが右左なのかわかるところはどこですか?共感した0###板だけを見て左右がわからない板に左右って無いと思いますよ。それってビンディングの取り付け位置の事だと思います。私の知ってる限りでは左右が有ったのはかなり昔のマーカーとルックのヒールピースがロータリー式のビンディング。でもそれってブーツの底が普通の靴の形をしててスキーの幅より広かった時代でしたね。その時は確か内側はギリギリで外側に広がりましたね。そして外側に流れ留めをつけるD管が付いていました。力学的な想像をするに親指側がエッジに近くなるように履く方で左右を決めるべきと考えます。インエッジの真上に親指が無かったらテコの原理が発生してエッジに力がかからないですね。多分ブーツの底幅より広い幅のスキー、例えばパウダーラン用の130mmのようなオールマウンテンスキーはスキーのど真ん中にビンディングを取り付けるより内側に寄せる必要が出てくるかもしれませんね。例えばパウダーラン用のスキーで一般ゲレンデでも使いたい人はそうするかもしれませんね。ナイス0
###画像まで添えて丁寧に教えて下さりありがとうございました。###普通は左右は有りません。どちらを履いても良いです。左右デザインが非対称な板も有りますが、関係無いです。ただサイドカットが非対称の板も有ります。これは左右いずれか決める必要が有ります。たまに入れ替えて見るのも面白いです。ナイス0
###板で左右指定が有るのはごく少数です。板の品名はなんでしょう?ナイス0
###ほとんどの板は左右などありません。左右を決めてしまうと内側だけ傷だらけ。エッジも磨耗するので、あえて左右は決めない方が長持ちするというスキー開発者もいるくらいです。フリースタイルなどで左右違いデザインの板はありますが、左右を変えても滑りは問題ありません。エランのアンフィビオは例外で、親指側がキャンバー、小指側がロッカーなので、わかるようなデザインになってます。カービング以前の板も大半は左右がなかったのですが、親指側と小指側でチューンナップを変えるため左右ステッカーを貼っている人が多かったです。カービングになってからはその必要もなくなったので、一部のこだわりがある人以外は左右を決めなくなりました。ナイス0
###左右対称でない板は、板先の形状、板のright,leftの表記、エッジの長さ、などでも判断できますょ!親指側が広いと、サイドカーブが緩いから、外足側かもね。小指側が狭いと、サイドカーブが急だから、内足側でバランス取れるはず。両足の内側のサイドカーブの半径が大きくなる様な履き方をすれば大丈夫ですょ。両足の外側のサイドカーブの半径が小さくなる様な履き方をすれば大丈夫です。ナイス0

 

TAG