【*ネタバレ有】

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2019-03-08 00:00
【*ネタバレ有】記憶断片者、読み終わりました。内容は大方理解できて、サクサク読み進めたんですが、ラストのオチが全く理解できません。。。結局最後の女の正体、徳さんの正体、何もわからないでスッキリしません。。。どなたか、考案を教えてくれないでしょうか??共感した0###小林泰三先生の『田村二吉シリーズ』ですよね。以下、わたしの勝手な解釈を書かせていただきます。①岡崎徳三郎の正体岡崎徳三郎は、同作者の『密室・殺人』や『クララ殺し』等にも登場しています。『大きな森の小さな密室』に収録されている「路上に放置されたパン屑の研究」にもあるように、記憶障害者となった田村二吉に興味を持って玩具にしています。①最後の女『忌憶』に収録されている「垝憶」で言及されている北条夏生かもしれません。わたしは、観察者効果によって田村二吉が記憶を失って目覚める毎に世界が再構成されており、北川話し方教室の講師 北川京子と北条夏生が入れ替わっているのだと解釈しています。小林泰三先生の『見晴らしのいい密室』に収録されている「忘却の侵略」は、記憶を失う毎に敵の姿が全く異なるものになるエピソードがあるので、それと同じことだと思います。ナイス0

 

TAG