宝塚版エリザベートについて、質問です。

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-14 00:00
宝塚版エリザベートについて、質問です。宝塚版エリザベートを観劇しました。とても楽しめましたが、1点疑問に感じた点がありました。第2幕のエリザベートの変化についてです。第2幕、私と踊る時で、エリザベートは「1人で飛べる、自由になるのよ〜」「私だけの道を邪魔しないで〜」と、非常に希望に満ちた様子でトートを突き放します。しかし次の登場場面では、過度なダイエットに励み相当衰弱している状態です。(宅配のすぐ後の場面)なぜ希望を得たエリザベートは、短い間でここまで追い詰められてしまったのでしょうか?単純に、美貌の維持のためにかなり無理をしたという解釈で合っていますでしょうか?教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!共感した1###それは、あれが「追加場面」だからなんです。 僕も花組おさ版はわりと好きなほうなんですが この時期から場面がいくつか追加されてしまい その曲も、2001年から追加された新曲だったんです。だから戴冠式のあと唐突に2人のデュエットで あれ?と、いまでもずっと違和感をひきずるんです(曲も新たな描き下ろしのせいか、微妙に雰囲気が違いますよね)。たぶんトートの出番が少ないという声が多くて あの頃から追加した場面&音楽だから話の流れが妙にぶった切られた違和感あるんでしょうね。ナイス2
###https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111992616...こちらもどうぞ。

 

TAG