ダマスカス鋼(積層構造)のナイフを作ろうとして

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-14 00:00
ダマスカス鋼(積層構造)のナイフを作ろうとしています。炉や鎚はあります。普通の鉄をかさねて鍛造している動画があったのですが、いまいちよく分かりませんでした。また、日本刀のような模様を浮かばせるためにはどのように研げばよいのでしょうか?共感した0###まずフラックスとしてホウ砂を主体とした鍛接剤を使用する。(ただし日本刀の場合は鍛接剤無しでやってるっぽいが。)赤く加熱した鉄の上に鍛接剤ふりかけて、鍛接する鉄を上に乗せて炉で加熱をすると、融解した鍛接剤(酸性)が鉄の酸化被膜を溶かしてくれる。ロウ付けのフラックスみたいなもん。この時の温度が900度くらいで、なんかバチバチ火花が飛ぶようになるんだと。そのタイミングで炉から出してハンマーでたたくと、鉄同士の間にある融解した鍛接剤&酸化被膜が押し出されて飛び散る。するとあら不思議、鉄同士の分子間力で接着剤無しで鉄同士が接合されるんだとさ。あと日本刀の模様は、焼き入れ時の土置きによるマルテンサイトとそうじゃない組織の境界線によるもので、積層させて作る鉄の模様とは全く違うものだぞ。日本刀みたいな刃紋がいいなら、土置きするときに土を沢山塗るところとうすい皮膜だけのところを作って水焼き入れする必要がある。ダマスカスだったら研磨作業のときにショットブラストか酸処理をすることで、鋼材同士の境界線がくっきり見えるようになるそうな。ナイス0
###丁寧に有難うございます。###日本刀の波紋は焼き入れの温度差で出るんじゃないのナイス0
###成分が違う金属の板同士を張り合わせていくのです。仕上は、日本刀の刃紋と同じように、専用の砥石で研いで、模様を出します。ナイス0

 

TAG