至急100枚 民法の不動産の目的物の所有権の移転

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2018-12-14 00:00
至急100枚 民法の不動産の目的物の所有権の移転について質問です。A(賃貸人)がB(賃借人)と賃貸契約を結びAがCに譲渡した場合のC「譲受人」とは、どういうことですか?Aの不動産の所有権がCに移転したということですか?又移転したなら、BはCに賃料を払うということですか? 敷金はどうなりますか?質問連投で、すみません。共感した0###これは俗にいうオーナーチェンジ物件です。売主A―買主C契約が成立し決済が済めば、所有権がAからCに移ります。契約書は従来のものをCが引継ぎ、敷金も同様です。入居者のBは賃料をCに払い、そのまま住み続けられます。ナイス0
###先に回答して頂いたのでBAに選ばせていただきました。回答ありがとうございます!###不動産の目的物に関する権利・義務が全てCに譲り渡されるのです。ですからCは所有権を得ますし、賃料を貰う権利も得ますし、敷金返還の義務も負います。ナイス0

 

TAG