3dプリンターで質問です、

Writer: admin Type: 消費者問題 Date: 2019-03-05 00:00
3dプリンターで質問です、同じ値段でDLP FDM 比べたところ、いまいちFDM 方式を購入するメリットがわかりません FDMを購入して、いいことはありますか??共感した0###FDMのメリットはランニングコストの安さ。しかも早い。出力したら出来上がりで何もいじる必要が無いです。DLPは樹脂が1リッターで1万程度と高いうえ、液晶も200時間くらいで交換となります。出力物はIPAで洗浄した後、紫外線ライトで追硬化させる必要があり手間がかかります。ナイス0
###200hで、液晶交換なんですか!しらなかったです!皆さん回答有難うございます###光に比べてプリンター本体が安い材料が安いだから失敗を恐れずジャンジャン試作出来るのですナイス0
###目的別でコストが高くても精度が必要ならDLP、光硬化レジン自体硬くって加工が難しく割れやすいってのもありますが最近は加工性のいいモノとかも出てきてますね大雑把でいいから安く上げたいならFDM、コッチは細かいのはディテールが潰れたりが有りますが、素材の種類がABSやPLA以外にナイロン、ポリカ、PET木質を混ぜた物なんて物もありますから、でも、やっぱり強度とか剥がれとか問題は色々ですけどねナイス0
###3Dプリンタを使用している人の書き込みを見る限り、光造形だと、造形後硬化していない樹脂を洗い流す必要があること、確実に硬化させるため、2次硬化といわれる操作が必要になります。その後、使い終わったバット内に残ったレジンをろ過してボトルに戻し、バットを洗浄する必要があります(連続使用する場合は、刷毛でフィルムをハケハケして、次のモデルを出力)。FDMだと、これらの操作が必要ありません。(用途によっては、アニール処理?を行います)操作自体は、FDMの方が格段に楽なはずです。ナイス0
###材料費が安い。材料の幅も広い。印刷機の大型化がSLA方式に比べると容易。DLP(とかSLA)方式は光硬化樹脂を使いますが、この樹脂が高い、簡単に廃棄できない(液体のままだと産業廃棄物扱いで家庭用ゴミで捨てられないし、下水に流すわけにもいかない)等、取り扱い上の問題もある。価格も重量あたりFDMのフィラメントの5~10倍とかしますし、そのほか消耗品はいろいろ。また精度が高いのがSLAの最大の特徴ですが、素材の関係で出力後の加工が大変というのもありますし、強度が必要な場合、ABSが使えないのもデメリット(光硬化樹脂は硬いが粘りは小さい)。FDM方式は材料の幅も広く安い。一般の方でも趣味感覚で簡単にできます。ただ、精度は高くなく、精度を維持するにはメンテナンスも必要(SLAのメンテよりマシですが)。金がかかっても極小の物を精度良く作る必要があるならSLA必須。ある程度大きい物(2cm以上)で負荷がかかりやすいが精度はある程度妥協できるならFDMでも問題なし。SLAが全てにおいてFDMより勝っているわけではありません。といいつつ、FDM使っててもSLAは欲しい。細かいのを精度良く作れるのは何物にも代えがたいメリットなんだよね。FDMもSLAも得意な部分がある。使い分けだと思うよ。ナイス0

 

TAG